もう悩まない!ゴルフ動画レッスンでスランプ脱出!ドライバー編

もう悩まない!ゴルフ動画レッスンでスランプ脱出!ドライバー編

もう悩まない!ゴルフ動画レッスンでスランプ脱出!ドライバー編

ゴルフ動画レッスンでスランプ脱出!ドライバー編

 

 

今回は「スランプ脱出!当たりがもどるヒント集」のドライバー編です。ある程度経験がある方でも、何だが最近調子が悪い!安定しない!スランプだ!という事ありますよね?そんな方を対象に、ヒント集を作成してみました。では今回のメニューです。

 

1 まずは基本のアドレスをチェックしておこう!
2 飛距離が落ちた時のヒント
3 インパクトで芯に当たらない時のヒント
4 ボールが曲がる時のヒント

 

以上の内容で説明していきます。ちなみに私は「インパクトで芯に当たらない時のヒント」を実践することで、ここ数年は大きなスランプがなくなりました。みなさんにも、しっくりくるヒントが見つかれば良いですね。

 

 

まずは基本のアドレスをチェック

 

「アドレスでスイングの善し悪しが決まる!」と言っても過言では無いでしょう。いくらトップが決まっていても、いつもと同じスイングをしているつもりでも、アドレスが崩れていたら台無しです。良い結果は望めません。

 

@ 後方から見て、両肩と両足のスタンスは飛球線に平行か?
A 前傾姿勢は適正か?(アイアンより浅くなるはずです)
B ボールの位置は?(理想は左肩とヘッドとボールが、ほぼ直線上)

 

これらは以外と自分の気づかない内にズレているものです。鏡やカメラ等で確認したり、ゴルフ仲間にチェックしてもらってください!特に私の場合は@の項目が知らない間にズレている事がしばしばあります。調子が悪くなったら確認するようにしています。

 

 

飛距離が落ちた時のヒント

 

次は飛距離を取り戻しましょう!体が緩んでパワーロスが生じ、遠心力をうまく使えてない事が原因として多いようです。下記は左側が現象で、右側が改善のヒントです。特にCのイメージは私も常に意識しています。

 

@ インパクトで左の壁が崩れている。    → 野球の1本足打法のように左脚を踏み込んでインパクト
A ダウンスイング以降で頭が左に流れている → インパクトで頭だけを右に平行に動かす
B トップで右足が伸びきっている。     → トップで右膝と右股関節を沈みこませる
C トップの捻転で左肩が浅い        → トップで左肩を右膝の上までまわす
D インパクト以降で左の脇が開いている。  → トップから背中を向けたままインパクトするイメージで降る
E 打ち急いでトップで間ができない。    → 連続素振りでリズムを体に覚えこませる(動画参照)

 

 

 

 

インパクトで芯に当たらない時のヒント

 

次は強いインパクトを取り戻しましょう!実は「飛距離が落ちた時のヒント」とほぼ重複してますので、前章の内容と合わせてヒントとして考えてください。ちなみにフェースがスクエアに戻ってない!前後に打点がずれている場合が多いようです。下記は左側が現象で、右側が改善のヒントです。実が私はこれらのイメージでここ数年スランプ知らずです。
@ インパクトでフェースがスクエアにならない    → テークバックでの右手首の角度をインパクトまで維持する
                               → いつもよりゆっくり振る
                               → ボール位置を更に左足つま先の前にして、ヘッドはいつもの位置で振る(アドレスでボールとヘッドに空間が出来るように)
A 結果としてインパクト後にフィニッシュが取れない → インパクトを意識せず、あくまで通過点として振り切る
                                → フィニッシュで右肩が飛球線を指すように振り切る
B 身体が前に突っ込む                → いつもよりゆっくり降る
                                → アドレスの前傾姿勢を浅くする
C 手が振り遅れてヘッドの根元に当たる       → ボディターンのイメージは辞めて、手打ち感覚で振る(動画参照)

 

 

 

 

 

 

ボールが曲がる時のヒント

 

さあいよいよボールが曲がる時のヒントです。でも実は先ほどまで紹介した「飛距離のヒント」「インパクトのヒント」も「ボールが曲がる時のヒント」も結局はほぼ同じなのです。ヘッドがスクエアに返り、当たらないから曲がる!結果飛距離が落ちる。では今まで説明した中から、特に曲がらない要素の強いものを抜粋して「ボールが曲がる時のヒント」として紹介します。

 

@ 前傾姿勢は適正か?(軌道とライ角が適正になる)
A パター打ちの起動をイメージしてトップに上げる
B トップから背中を向けたままインパクトするイメージで降る(肩が開かない)
C 連続素振りでリズムを体に覚えこませる(タイミングが合う)
D テークバックでの右手首の角度をインパクトまで維持する(フェースがスクエアになる)
E フェードやドロー打ちで積極的に曲げてみる(曲がりのメカニズムがわかり攻略のヒントがわかる)

 

 

最後に…

 

 「スランプ脱出!当たりが戻るヒント集!ドライバー編」いかがだったでしょうか?何だか無性に練習したくなったのではないでしょうか?スランプは一見すると、マイナスイメージしかありませんが、実はその中でスイング作りのヒントがたくさん隠されています。克服することで自分自身の技術の引き出しが増えます!ゴルフは本当に奥が深く、攻略が難しいスポーツです。でもだからこそ面白い。このヒント集の中で、あなたに合うものがあれば幸いです。是非トライしてがんばってみてください。

 

 

 

100切りゴルフレッスン動画!コースでの大崩れを無くしてスコアアップ!

 

 

 

こちらもぜひ見て下さいね。

 

小原大二郎の7日間シングルプログラムの評判・口コミ

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ