ゴルフ初心者必見!フックの悩み解消レッスン動画

ゴルフ初心者必見!フックの悩み解消レッスン動画

ゴルフ初心者必見!フックの悩み解消レッスン動画

ゴルフ初心者必見!フックの悩み解消レッスン動画

 

 

フックは基本的にはインパクト時にフェースが被って当たる事により、ほぼ真っすぐ球が飛んだ後に、ボールに対して時計と逆回りのスピンがかかってしまい、左へ曲がる現象です。ドローとは違いフェアウエイのセンターラインより左に飛ぶ上にランも多いので大怪我の可能性が高い球です。
今回は初心者を対象に「フックの悩み解消レッスン」を紹介していきます。

 

1 まずはアドレスをチェックしておこう!
2 フック(チーピン)の治し方
3 最後に

 

私自身はスライスよりも、なぜか初心者の頃からフックに悩まされた経験がほとんどです。しかしながら雑誌等などでも意外とフックについては初心者向けの情報が少なく困った経験があります。それは世の中の約8割の初心者がスライスに悩んでいるからです。今回は自分自身の困った経験や解消してきた方法を、初心者向けに動画説明を交えながら説明していきたいと思います。

 

 

まずはアドレスをチェックしておこう!

 

「アドレスでフックかスライスかが決まる!」と言っても過言では無いでしょう。実際にドローやフェード系を打つ際は、アドレスから、その球筋用に変えていきます。
ようするに、フックを打つつもりではないのに、知らないうちにフック打ちのアドレスになっていないだろうか?まずはチェックしておきましょう!

 

@ 前傾姿勢は適正か? 前傾姿勢が深すぎるとフックが出やすくなります。

 

A ボールの位置は? ボール位置が右側に片寄っていたら軸や体重が右側に残ってしまい、巻き込みフックが出やすくなります。真ん中もしくは左側に置きましょう!

 

B 肩や足の位置は飛球線に対して平行ですか?右方向を向いて打つとドロー打ちのアドレスと同じ事です。

 

C アドレスでクローズフェースになっていませんか?スクエアなフェース向きを心がけてください。

 

以上の内容を確認しておきましょう!アドレスが間違っていたら、スイングを改造しても効果が薄いか、もしくは余計にスイングが重症化するでしょう。

 

 

ゴルフ初心者必見!フックの悩み解消レッスン動画

 

 

フック(チーピン)の直し方

 

ではいよいよフックボールの治し方です。

 

@ 体が止まり手打ちになりフェースがターンしているとフックになります。スイング中は左肩を先行させて動かすイメージを持ち、体のターンがスムーズになるように心がけてみてください。ダウンスイング以降に下半身も止めないようにしっかり動かしてください。

 

A 強烈なインサイドアウト軌道もフックの原因です。一言で言えば、トップにしてもダウンにしても軸が左にブレているのが大きな原因です。頭から背骨の軸を動かさずに肩だけを平行に回すイメージを持ってください。ダウンスイングでヘッドの最下点がボールの左側に自然になり、横から巻き込むようなチーピンは無くなるでしょう。

 

 

ゴルフ初心者必見!フックの悩み解消レッスン動画

 

 

 

 

B 実際のボールの右斜め下(45°)ぐらいに、もう一つボールを置いて当たらないようにスイングを矯正するのも良いかもしれません。どうしても直らない方は、ハーフトップ(手が頭より下の低い位置のトップ)の位置で軽くスイングする事から始めてみてください。

 

C インパクトで「左の壁」をしっかり作りスイングする。たとえば野球の1本足打法のように左脚をしっかり踏み込んでインパクトする。そしてダウンスイング以降で頭が左に流れないようにインパクトで頭だけを右に平行に動かすイメージでスイングすることにより「左の壁」が出来、インパクト以降で左に体が流れてボールを巻き込んでフックボールが出る事が無くなります。

 

 

ゴルフ初心者必見!フックの悩み解消レッスン動画

 

 

最後に…

 

以上ここまで「フックの悩み解消」レッスンをご紹介させていただきました。フックの直し方は多種ありますが、特に初心者がトライしやすい項目ばかりで効果が期待できるものを選び紹介しました。参考にしてみてください。

 

補足しておきますと、フック自体はまんざら悪い訳ではありません。世の中の初心者の約8割の方は、まずスライスで悩み、練習を重ねていくと徐々に球が捕まるようになり、結果としてフックが出始めるパターンが多い中、本来はフック回転は上達した者が悩みやすい症状であり、言い換えればいきなり、上達までの早道を進んでおられるのです。それだけ「球が捕まっている証拠」なのです。

 

 なので完全に直すというよりは、ご自身の持ち球として意図的に出せるようにしといて、普段はストレート打ちを基本にスイングすると言うスタンスで個人的には良いと思います。

 

 

 

スロー動画でチェック!プロゴルファーの美しいスイング集!

 

 

 

こちらもおすすめです。

 

今話題の7日間シングルプログラム!その上達の秘密とは?

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ