簡単にできるダフリ・トップしないアプローチとは?ゴルフ動画レッスン

簡単にできるダフリ・トップしないアプローチとは?ゴルフ動画レッスン

簡単にできるダフリ・トップしないアプローチとは?ゴルフ動画レッスン

簡単にできるダフリ・トップしないアプローチとは?ゴルフ動画レッスン

 

 

「ショットは調子いいのにアプローチがトップしてグリーン周りを行ったり来たりなよ」「グリーン周りまで来たのに肝心なとこでダフリが…」なんて悩んでいませんか?
今回はそんな悩みを解決すべく「ダフリ・トップしないアプローチ」をテーマに紹介していきます。

 

1 まずは基本のアドレスをチェック
2 ダフリ・トップを予防する打ち方
3 精神的な落とし穴を意識する
4 ティーチングプロの動画を紹介

 

以上の内容で説明していきます。

 

 

まずは基本のアドレスをチェック

 

ダフりづらいアドレスを説明します。基本的には50ヤード以内を想定して説明します。
@ スタンスは肩幅より狭く、オープンに構える。(ヘッドの抜けが良くなる)

 

 

簡単にできるダフリ・トップしないアプローチとは?ゴルフ動画レッスン

 

 

A グリップは短くゆるゆるに力まず持つ。特に右手は添えるだけのイメージで!
B ヘッドのエッジ部分では無く、バンスをソールして構える。
C さらにヘッドの根元を浮かして構える。

 

 

簡単にできるダフリ・トップしないアプローチとは?ゴルフ動画レッスン

 

 

上記で説明した事以外は、通常のアプローチのアドレスで問題ありません。まずは基本のアドレスに紹介した方法を合わせて考えてください。

 

 

 

 

ダフリ・トップを予防する打ち方

 

@ 一番重要なのは、体重配分。軸を崩さず左足体重で振る。効果的なドリルがあるので動画を参考にしてください。これができなければ他のことをやってもダフリ・トップは直りません。

 

 

 

 

A ボールとクラブの間に芝が噛まないように、ヘッドはボールの赤道から入れる。(@の部分)

 

 

簡単にできるダフリ・トップしないアプローチとは?ゴルフ動画レッスン

 

 

B インパクトで絶対に頭を上げない!頭を上げるからミスが誘発されるのです。

 

 

簡単にできるダフリ・トップしないアプローチとは?ゴルフ動画レッスン

 

 

C 同じ振り幅で番手(SW〜7番)を変えて、低い転がしの球を第一優先に考える。

 

 

簡単にできるダフリ・トップしないアプローチとは?ゴルフ動画レッスン

 

 

D グリップをウイークに握る。これで手首の余分な動きが抑えられる。

 

 

E 手首を使わず、パターに近いストレート・イン軌道で振る。どうしてもダフりたくない場合はパターと同じ打ち方で!

 

 

 

 

精神的な落とし穴を意識する

 

「精神的な落とし穴を意識する」とは、誰もがアプローチを打つ際は「ボールを上げたい」、「グリーンに届かせたい」という気持ちが出てきます。素振りではダフらないのに、いざ打つとダフったりトップが出るのは、こういった意識がスイングに影響して、「インパクト直前に頭が上がる」「トップが怖くて軸が後ろのめりになる」などの症状になり、ミスを誘発するです。

 

 打つ前に自分自身でこの事を意識する事により、「こういう時は、結果が気になって頭が早く上がるのを気をつけよう!」と自分自身に言い聞かせてください。意外と効果がありますよ!

 

 

ティーチングプロのアプローチ講座を紹介

 

次に私が推薦する参考になりそうなティーチングプロの動画を紹介しておきます。ぜひ参考にしてみてください。どれも軸や体重移動を重視しているのがわかると思います。

 

 

 

 

 

 

最後に…

 

上級者に調子の波が少ないのはショットが不調でもアプローチなどのショートゲームで凌げるからです。せっかくショットが良くても、アプローチが悪くてはスコアになりません。逆に言えばアプローチが改善されれば、劇的にスコアアップが望めると思いませんか?確かにアプローチ練習は地味かも知れませんが、効果は絶大ですので、ぜひ今回の紹介した内容をトライしてスコアアップ目指してがんばってみてください。

 

 

 

初心者ゴルファーの練習場での基本のルーチンと練習おすすめ動画!

 

 

 

こちらもおすすめです。

 

今話題の7日間シングルプログラム!その上達の秘密とは?

 

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ